留学生レポート

雲南大学留学生 葉宇航(ヨウ ウコウ)さん、王夢瑶(オウ ムヨウ)さん スポーツフェスティバル参加レポート

WEB用写真2



運動会

 九月二十七日に、大妻女子大学の運動会が行われました。初めて日本の運動会に参加して、とても楽しかったです。
 あの日、みんな元気で、あちこち笑顔で声も良く出ていて素晴らしかったです。運動会の試合は玉入れや綱引きや障害物競走や大玉運びなどがあります。私たちは五人で先生のチームに参加して、ちょっと緊張しました。「負ければ、恥ずかしいな~」と心配する気持ちがありました。しかし、先生はみんな優しい人でした。勝負が気にしていないので、だんだん心配しなかったです。
 体操の時、先生は私たちにとても根気よく教えてくれました。後、私たちは先生と一緒に玉入れと大玉運びに参加しました。みんな一生懸命頑張りました。
先生は綱引きに参加した時、私たちは「頑張って!頑張って!」と応援して、感情がとても高ぶっていました。一番面白い試合は障害物競走でした。私は先生と一緒に丸木橋とトンネルを突き抜ける後、テニスボールを持ってゴールに走りました。第三位になりました。さすがに女子大学と思いました。賞品は全部化粧品でした。でも私は大好きでした。
 日本と中国の運動会はぜんぜん違います。中国の運動会はオリンピックみたいです。とても厳しいです。でも日本の運動会は趣味運動会だと思います。とても面白かったです。私は大好きです。

葉 宇航(ヨウ ウコウ)


WEB用写真1(运动会)



スポーツフェスティバル

 高く昇った太陽に伴って、私たち5人は大妻女子大学のスポーツフェスティバルに楽しんで参加しました。
 多摩キャンパスに到着後、いたるところに皆さんの元気な笑顔が見えました。私たちは留学生として、先生たちと一緒に教職員チームになりました。十時に、運動会が正式に開始しましたが、学科によって違い色なTシャツを着った皆さんは自分のチームの名誉のために、積極的に様々な競技をしました。私たちはこのような興奮な気持ちの影響で、第一回の玉入れを参加しました。このゲームの中で、みなさん一緒に頑張れた様子を見て、とても感動されました。残念なことに、私たちのチームは負けました。でも、面白かったなと思っていて、午後の棒取り、借り物競走、大玉送り等な試合も楽しんで参加しました。
 中国の運動会より、日本の運動会は皆さんの協力することを重視して、参加したら何位も賞品をもらうことができます。これはいいルールと思います。今度の運動会を機に、やさしい日本女子学生たちと友達にまりましたが、本当に嬉しかったです。
 だから、大妻スポーツフェスティバルを参加したことは珍しい体験として、忘れられない思いでになりました。

王 夢瑶(オウ ムヨウ)

トピックス一覧へ

  • 大妻女子大学 国際センター(千代田キャンパス)
    〒102-8357 東京都千代田区三番町12番地(別館J棟4階)
    電話番号:03-5275-6310
    メール:glbc-jimu@ml.otsuma.ac.jp
    開室時間:月~金 8:30-16:40/土 8:30-13:10
  • Otsuma women's university International Center
    Annex#4, 12 Sanban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-8357
    Tel: +81-3-5275-6310
    mail: glbc-jimu@ml.otsuma.ac.jp
    office hours: Mon-Fri 8:30-16:40/Sat 8:30-13:10