留学生レポート

国民大学校への交換留学 第1号(文学部コミュニケーション文化学科 渡辺友理絵さん)

IMG_1632

全州(チョンジュ)の韓屋村


IMG_1372

国民大学校のキャンパスで一番高い建物で、毎日授業を受けていました。また広いグランドでは、友達とバレーボールなどもしました。


 韓国・国民大学校に10ヶ月間の交換留学に行ってきました。国民大学校へ交換留学〔文学部の留学プログラム・旧SAPPHOは、派遣プログラム〕という形での留学が、私達が初めてということだったので、始めは不安や緊張もあったのですが、この留学生活を振り返ってみると、交換留学だったからこそ経験できたこともあり、充実した留学生活を過ごせたと感じています。
 大学の授業のほとんどは、交換留学生のための韓国語の授業でしたが、韓国人の学生と一緒に日本学科の授業もいくつか受講しました。韓国語の授業は会話を中心に学ぶものが多く、日常生活の役に立つ韓国語や発表の仕方などを学びました。そして日本よりも先生との距離が近く、気軽に質問に行ったり、クラスで一緒に出掛けたり、クラスメイトも中国人・アメリカ人・ロシア人など多国籍で、他国の人達の積極性に最初は驚きもありましたが、勉強に対する姿勢からはとても刺激を受けました。また、グループワークも多くあり、グループでドラマを撮ったり、劇をしたりと韓国語を楽しく学びながら、いろんな国の人と文化交流することが出来、文化の違いなどにも触れることが出来ました。
 日本学科の授業は、一つは韓国語で、もう一つは日本語で行われる授業でした。韓国語で行われる授業は、日本語教育についてでした。韓国人が日本語を勉強する時に、どのような点が難しいのかなどを知ることができ、自分の韓国語学習の助けにもなりました。   日本語で行われた授業は、日本の時事問題について討論する授業で、韓国に留学してまで日本語での授業を受ける意味があるのかなと最初は思いましたが、受講して良かった、と今は思います。まず韓国人学生の語学力と知識の多さに本当に驚きました。また日本人学生、韓国人学生が意見を出し合って、日韓の比較をしたり、日本の大学とスカイプで討論をしたりと、ニュースだけでは分からない同世代の人の考え方や意見などを知ることができ、またこのような学科の授業を通じて韓国人の友達も出来、授業の後に一緒にご飯を食べに行ったりして韓国語で話す良い機会にもなりました。
 また、国際交流と日本学科のサークルにも参加しました。留学生と国民大学の学生がお花見をしたり、漢江へチキンを食べに行ったりしました。また3月には新入生歓迎会やMT〔メンバーシップ・トレーニング〕と呼ばれる1泊2日の合宿では、ペンションに泊まって、バーベキューをしたり、ゲームをしたりしながら付き合いを深めるという行事など、韓国の大学生活を実際に経験することができ、とても良かったです。
 留学生活のなかで一番楽しかった思い出は、旅行です。日常生活では近場にしか行けないので、長期休暇や連休にはソウルから離れたところにたくさん行きました。特に印象に残っている場所は釜山で、海や景色がとてもきれいで、市場なども多くあり、釜山で有名な料理をたくさん食べました。また地域によって方言があり、性格も全く異なり、そういうところも体験出来て楽しかったです。韓国は、日本に比べると交通費も安く、旅行しやすいので、もし留学へ行くなら、ソウル以外にも行ってみてください。
 生活面は学内にある4人部屋の寮で、共同生活の難しさもありましたが、楽しさも多くあり、ルームメイトとの相性が大変重要だと感じました。特に日本と大きく違うということもないので生活しやすい環境でした。ネットを使える場所も多く、カフェなども勉強しやすい環境が整っているところが多いので、日本よりも便利だと感じました。
留学を通して、韓国語能力の向上ももちろん感じましたが、韓国人だけでなく、多くの国の人と交流し、実際に文化の違いなども感じたり、多くの方々から刺激を受け、積極性や行動力など精神面の成長にも繋がったと思います。また以前よりも視野も広がり、今まで遠い存在だと思っていたことが身近に感じるようになり、新たな発見もたくさん出来ました。

IMG_4671

釜山旅行で行った甘川文化村。カラフルな家が立ち並び、町全体がアート作品。



IMG_4677

仁川の月尾島(ウォルミド)



IMG_4679

サークルで漢江へチメック(チキンとビール)遠足に行きました。

トピックス一覧へ

  • 大妻女子大学 国際センター(千代田キャンパス)
    〒102-8357 東京都千代田区三番町12番地(別館J棟4階)
    電話番号:03-5275-6310
    メール:glbc-jimu@ml.otsuma.ac.jp
    開室時間:月~金 8:30-16:40/土 8:30-13:10
  • Otsuma women's university International Center
    Annex#4, 12 Sanban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-8357
    Tel: +81-3-5275-6310
    mail: glbc-jimu@ml.otsuma.ac.jp
    office hours: Mon-Fri 8:30-16:40/Sat 8:30-13:10