留学生レポート

中国・北京師範大学 留学体験記(髙尾和泉さん)

髙尾和泉(北京師範大学)


2014年は、私にとって大変貴重な一年になりました。なぜなら、中国にある北京師範大学に留学をしたからです。その経験が、今まで日本国内だけに向けられていた私の視野を世界へと向けてくれました。留学中は徹底的に中国語を用い、世界各国のあらゆる人種の学生たちと共に中国語の修得に尽力しました。その中で、相手がなにを伝えようとしているのかわかりませんでしたが、同じ教室で切磋琢磨するうちに意思疎通を図れるようになり、お互いの国や家族のこと、友達のことを伝え合うことができるようになりました。日本にいた時には体験できないほどの異文化交流をする事ができ、そのことがきっかけで世界情勢や経済にも関心を持つようになりました。もちろん、中国語の上達も達成する事ができました。実際に中国語を母国語として扱うネイティヴの人々と会話することで、より自然な言葉選びと発音を磨く事ができ、さらに語彙も豊富になりました。また、異国で自分を見失うことなく勉学に励めたという経験が、留学を終えた今なお自信となり、何事にも積極的に挑戦していこうという意識が強くなりました。留学という素晴らしい経験をさせてくださった両親と両大学に感謝すると共に、これからも語学の精進に努めます。


文学部 コミュニケーション文化学科 3年
髙尾和泉

トピックス一覧へ